<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< 誰がテレビをつまらなくしたのか | main | 原因と結果の法則2 >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ファイナルファンタジー アドベントチルドレン 
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)

1997年に初めてプレイステーションに対応したファイナルファンタジーシリーズが登場した。それが察淵札屮鵝聴焚FF7)であった。あの鮮烈なPSデビューのイメージは忘れることができない。当時あまりにも美しく表現されたミッドガルを空中から映し出すムービー、キャラクターレベルの他にマテリアを装着する概念、強力で迫力ある召喚獣、どちらかというとネガティブで遠大なストーリー展開、3枚組みのディスクはいつまでもゲームが終わらないのではないかと想像させるに十分なボリュームであり、また強いアピールでもあった。

ヒロイン的存在が2名いたのも印象的だった。そのうちの一人「エアリス」はストーリーの展開上還らぬ人となる。これが当時相当な物議を醸したものだ。私もエアリスがいなくなった時にはプレイを続けられなくなったことを思い出す。意を決してゲームを進めたのは「きっと復活するから」という何の根拠もない期待をその後のストーリーに預けていた為だ。あの当時エアリス復活を何としても現実にしたいと願った人々はありとあらゆることをやってのけたらしい。
ある人はFF7のディスクをパソコンに読ませて「すいちゅうこきゅうのマテリア」を探し出して話題になった。FF7の開発途中で没になったこのマテリアはプログラム上では抹消されることなく残されていたらしく、それを見つけ出してエアリスを救うアイテムを水中から探し回ったとまでされるほど、ユーザーのエアリス熱は過熱していた。キャラクターとしてエアリスを育てていた人はあそこでの永遠の戦線離脱ほど脱力することはなかったに違いない。
空前の批判が集まった還らぬエアリスの「その後」に今作は期待された部分もあるのではないだろうか。エアリス死去に対する大きな抗議の声がこのソフト製作の遠因だったかもしれないなどと勝手に想像力を膨らませて考えてみたりもするのである。パッケージ裏のキャストを見るとそこには「エアリス」の名前はない。と言っても、たった7人しかキャストは紹介されていないから本編では一体どうなっているのかは観てのお楽しみである。

プロモーションで発売前から流れていた映像を見るだけでも、CGの秀麗さは強く伝わってきた作品。前評判も非常に高かったわけだが、それを裏切らない非常に優れた作品だと感じた。私がFF7につぎ込んだ時間は少なくとも数十時間、多い人なら数百時間にも亘っているであろう。その忘れえぬ自分と主人公達との歴史の延長線上に本作はある。また、FF7を知らない方でもそのままストーリーに入っていけるような配慮も見える。
今作は確かにFF7の続きである。特典映像として付嘱しているチャプターには正直うならせてもらった。丁寧かつ印象的に作りこまれていると思うのは、FF7のゲーム内のイベントシーンを集大成して物語の主軸がどのようであったのかを我々プレイヤーに思い出させてくれる点だ。非常にこれは有機的な手法であった。ゲーム画面中のキャラのセリフをそのまま抜き出して繋いである。あまりの懐かしさとともに、そこはかとない悲しみ・寂しさにしばし時を忘れたことをありのままに告白したい。本編に使われている音楽もFF7の音楽をリメイクした曲がある。それもまたとても懐かしい匂いがするものだ。音楽にも是非耳を傾けてもらいたい。
ファイナルファンタジーセブン…。まさにこうして映像作品としてリメイクされるゲームにふさわしかったように思う。当時、開発陣もプレイヤーもやり残したこと。それが今作には詰まっているかのようである。この試みを、挑戦を、評価したいし感謝したい。鑑賞直後の私が今はっきりと感じることである。
この作品を鑑賞後にFF7をプレイしたくなる人が増えるかもしれない。中古ソフト店でFF7が売り切れ続出なんて事になるかもしれない。そんなことを予見させてくれるほどこの作品は優れている。もはやゲームだけの存在ではなくなったFF7。我々のFF7はさらに孤高で崇高な記憶として昇華していくかのようである。終わりは一つの始まりでしかないのかもしれない。エアリスは死んだ。死は生きている者の悲しみ。悲しみを受け取ることのないすでに遠き仲間。その遠さと心を通じ合わせることの難しさと悲しさ。整理すべきことはたくさんあった。当時からあったのだと思う。その決着点を求めてもう一度集まったクラウド達。そして我々プレイヤー。円盤に収められた記憶の続き。時に空想と繋がっている時間も我々にとって心地良い。
| 観るココ! | 13:35 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト 
| - | 13:35 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://read.jugem.jp/trackback/22
トラックバック
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレンンが受賞
「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」が、 スペインの第38回カ
| 気ままなブログ生活 | 2005/10/20 10:44 PM |
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackbacks
mobile
qrcode
links
profile